attractive asian woman on blue background

 

 

インスリンの糖尿病療法については、自分で注射をするのが恐ろしいとか、とうとうインスリン注射か、と悲観的になり、何とか理由をつけて、避けようとする糖尿病患者さんが多いそうです。

しかし、そんな心配をする必要は全くない、と医師は説明します。現在では注射器も改良が進み、特にペン型注射器は、針も非常に細く、長さも5~8㎜程度で、打ちやすく、痛みも少なくなっているそうです。「こんなに痛くないなら、もっと早くから始めたら良かった」と言う患者さんも多いそです。

また、糖尿病のインスリン注射は、一度打ち始めると一生やめられないと、悲観的に考えている患者さんもいるようです。しかし、そのようなことはなく、血糖の非常に高い人でも、インスリン治療の後に血糖値が落ち着き、治療を中止することもよく有ることだということです。

逆に、血糖コントロールが的確に行われず、糖尿病の食事療法で血糖の調整のできない患者さんが、インスリン療法を行わず放置していた場合、糖尿病の合併症が急速に進むことがあるそうです。そうなると、手後れになってしまいます。インスリン療法で、合併症の予防法はありますが、発症してしまった合併症の治療はできません。テラコートリル軟膏

そんな事にならないためにも、糖尿病のインスリン療法への誤った認識や誤解を見直し、理解する必要があると言えます。