最近では大人の女性も悩まされているというニキビ、一昔前までは思春期の肌にできるもので、洗顔さえしていれば自然に治る、といった捉え方をしている人がほとんどでしたが、最近ではこの肌トラブルは、正しいケアを行わないと、醜い痕となって残ってしまうこともあり、深刻なコンプレックスにつながりやすいので、できるだけ早期に治してしまわなければならないもの、という認識が持たれるようになりました。

特に毛穴の中で炎症し、赤く地腫れして痛みを伴うような場合や、先端が黄色い膿を持っているような場合は、うっかり患部が潰れてしまうと、皮膚がデコボコとクレーター状のようになってしまうリスクが高まるので、敏速に皮膚科へ行き、内服薬の処方をしてもらわなければなりません。

 

皮膚科では、ニキビはれっきとした皮膚疾患で、保険内で治療ができるものです。

その為、抗生物質やビタミン剤などの内服薬や、塗り薬などもすべて保険適用で処方してもらえます。

ドラッグストアで自分でいろいろと買いそろえるよりも、格段に安上がりで、なおかつ、自分のニキビに適した処置薬が処方されるので、格段に治りが早まります。

 

ニキビは、できるだけ肌の上に居座っている時間が短ければ短いほど、痕残りしにくくなるので、市販のニキビ専用のスキンケアコスメを使っても改善しないと感じたら、すぐにクリニックでニキビ治療に切り変えるべきです。そして塗り薬を付ける時以外は、できるだけ触らないようにすることも肝心です。

>>> ダラシンTゲルのニキビへの効果は?副作用は?