痛風と足の甲

 

 

どこかに強くぶつけたり、激しい運動をして捻ったりしたわけでもないのに足の甲が強く痛むとき、その原因には痛風の可能性が考えられます。

痛風とは尿酸の結晶が血中や関節内に溜まり、痛みの症状を伴う病気です。

尿酸は健康な人の血液中にもある程度含まれていますが、通常は排尿などによって体外に出され、一定の濃度を保っています。

 

しかし栄養の偏った食事、アルコールの飲みすぎなどの暴飲暴食や運動不足・ストレスなどで血中の尿酸濃度が上昇しすぎると、体外に排出しきれなかった尿酸が結晶化して関節などに付着し、関節炎(=痛風発作)を引き起こすと言われています。

尿酸結晶は温度が低い部分やよく動かしたり負担がかかりやすいところにたまる傾向があるため、足の甲などは痛風の症状が出やすい部位だと言えます。

怪我をした覚えがないのに足の甲が強く痛むときは、自分の生活習慣が痛風を発症するものになっていないか見直し、痛みが酷くなる前に病院で診察を受けるようにしましょう。

 

もう少し、痛風の症状や痛風に効く食べ物など詳しく調べたい方は、下記のサイトで詳しく調べることができるので参考にしてみてくださいね。

参考サイト 足の甲や小指が痛い!?これって痛風の症状なの?