筋力トレーニングには3つの原理と5つの原則と言うのがあります。
適当な重量で適当にトレーニングを行ってもあまり効果はありません。

全てを暗記する必要はありませんが、
一度読んでおくだけでも今後のトレーニング効果が変わってきますよ。

トレーニングの3原理

1.過負荷の原理
体に変化を求める場合、ある程度の負荷が必要である。
これをオーバーロードの原理とも言います。

歩いたり階段を登ったりしても筋肉には負荷が掛かっていますが、
体が負荷に慣れてしまっているので、いつも感じている以上の負荷を与えなければなりません。

2.可逆性の原理
トレーニングで筋力やスタミナが付いたとしても、
トレーニングを止めてしまうと、トレーニング前の状態へと戻っていきます。
この原理を可逆性の原理と言います。

この原理については誰もが体で覚えているのでは無いでしょうか?
継続しなければ元に戻るそれだけです。

3.特異性の原理
狙った筋肉へしっかりと刺激を与えてトレーニングを続けると、
その筋肉が肥大し、より多くの回数をこなすことが出来るようになります。

取り組んでいるスポーツなどにより、重要な筋肉は違ってくるので、
鍛える筋肉や競技動作のレベルを上げるにはどうするのかを考えて、
トレーニングメニューを考える必要があります。

トレーニングの5原則

1.全面性の原則
スポーツをする上でのあらゆる基礎となる要素を
総合的に鍛えるトレーニングを行う事を全面性の原則と言います。

どのスポーツを行うにも、少なからず全身の筋肉を使います。
そのため最低限全身を鍛えておく必要があります。

そして、特に必要な部位に関しては特異性の原理で強化します。

2.意識性の原則
何も考えずにトレーニングをせずに、トレーニングの意味や
刺激を与えている筋肉に意識を集中して取り組むと良いと言う事です。

3.漸進性の原則
筋肥大には最も重要な原則が漸進性の原則です。
最初は重かった重量でも、トレーニングを継続すると楽にこなせるようになります。
そうなるといくら回数をこなしても筋肥大は起こりません。

楽に扱えるようになったら、少し重量を上げる事が必要です。
これを繰り返すことで徐々に筋肉が大きくなって行きます。

4.反復性の原則
継続は力なりと言うことです。単発的なトレーニングは意味がありません。
継続的に続けることでその効果を得ることが出来ます。

5.個別性の原則
同じ競技をしている人でも、それぞれ体格やスキルが違います。
全員がまったく同じトレーニングメニューと言う事はありえません。

その人その人に合った適切なトレーニングを心掛けましょう。